テレビドラマ(国内)大好き@画像や写真、CMドラマ映画情報

Just another WordPress site

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

「糖尿病」と聞くと甘いものを食べて

on 10月 14th, 2016 at 7:15 pm || Posted in: 糖尿病

「糖尿病」と聞くと甘いものを食べてはいけないイメージを持ちますが実は、そうでもないのです。

例えば、「甘いもの」と聞いて真っ先に思い付く果物には糖質が含まれていますが、それにはたくさんの種類がありその複数のうち、一部の果物は他の糖質と代謝経路が異なります。

そのため、すぐさま血糖値が上がるような心配がないのです。

糖尿病になってしまったが、甘い物は我慢したくないという方は果物を食生活に取り入れてみるのも、よいのではないでしょうか。

糖尿病患者の方のご飯を準備するときに考慮すべき点は、バランスの取れたメニューにすることを心掛け食べすぎたり同じものばかり食べたりしないことです。

低い血糖値がしっかり持続するように、朝・昼・晩の食事の時間を守り、濃い味付けにならないように気を付けます。

飲みたくなるなら、酒類は買わない・見ないようにし、スイーツは少しにしましょう。

たくさん食べずに満腹を感じるように、ゆっくりじっくり味わって食べましょう。

水分を非常に飲む、または喉がいつも以上に乾くことがあるのであれば糖尿病によるものかもしれません。

水分をたくさん取ることは糖尿病の初期症状でみられる場合が多くあります。

にもかかわらず、いざ糖尿病を発病すると、血に多く含まれる糖分の濃度を下げるには多量の水分が必要となります。

水分を多く摂取すればいいということでもなく、専門医の判断と指示による水分をきちんと摂取しなければなりません。

糖尿病という血糖値が異常に高くなってしまう病気は一種の生活習慣病でビールばかり飲んでいる人がかかるのだろうといったイメージをもっています。

そうかと思いますよね。

しかし現実はどんな方でも発症の可能性を持っているのです。

生活に関係なく誰にでも可能性がある「1型」タイプでは赤ちゃんでも発症します。

ホルモンバランスの多大な変化が要因で妊娠中であっても例外ではなく、かかってしまうことがあります。

糖尿病は、インスリンの働きに異常が認められますが、食事の後、2時間から3時間経つと、あまりの強い眠気に、起きていられないようなこともあります。

これは、ブドウ糖を血液中に取り込み、細胞に送ってエネルギーとして使われることになっているのに、インスリンの分泌量や働きの異常により、ブドウ糖が、細胞内まで到達しないからです。

エネルギーが不足してしまい、脳や体が活動することができず、起きていられなくなるのです。

そのまま放置すると血管にダメージを与え、最終的には指先や爪先から壊死し、切断しなくてはいけなくなる、糖尿病とはそんな恐ろしい病気なのです。

壊死したら切れば良い、と簡単に考えるのではなく、再考してみましょう。

糖尿病は生活習慣によってコントロールできる病気です。

めげずに立ち向かいましょう。

一般的なイメージとして糖尿病患者は飲酒は控えた方がよいという考えが、あると思われます。

確かにアルコールはカロリーが高いですが、飲酒をしたことによって、血糖値が上がるわけではありません。

ですが、アルコールによって一時的な血糖値の上昇があるために、原則的には糖尿病患者にとって飲酒は禁止事項となってしまいます。

飲酒禁止とはいうものの、医師の適切な指導を受けることによっては、適度な飲酒が認められることもあります。

糖尿病は太った人がなる病気であると思われていることが多いですが、たとえガリガリに痩せていても遺伝的に糖尿病を発症してしまう人がいます。

心配になってしまったかもしれませんが、傾向としてはやはり食事や運動といった生活習慣が乱れてしまい太った人が多いので、あまり悲観的にならないでください。

糖尿病の原因はおやつの食べすぎ、運動不足によって引き起こされます。

症状が軽ければ、運動不足の解消や食事療法で治る見込みがあります。

今までのオピニオンによると、糖尿病の人にとってコーヒーが思わしいと伝えられてきましたが、最近の研究によると、コーヒーは糖尿病患者に相応しくないという研究結果が、伝えられているそうです。

コーヒーが駄目というわけではなく、予防としてであればコーヒーを飲むことは効き目があるようですが、なった後では逆作用になってしまうそうなので、すでに糖尿病の人もそうでない人も注意深くコーヒーを摂取するようにしましょう。

糖尿病には型が二種類あるといわれ、1型と2型という二種類があります。

1型の糖尿病とされるものは先天性で、体の中できちんとインスリンを作り出すことができないのが原因にあります。

後天性といわれるのは2型の糖尿病で、普段、あまり運動をしないことや、太り過ぎや食べ過ぎが原因であるといわれています。

2型糖尿病は運動を習慣化することで、筋肉を動かす機会が増えて、インスリンの分泌が活発になり、症状をよりよい状態にできます。

マスコミが絶対に書かないppg糖尿病の真実

最近の投稿

最近のコメント

    最近の投稿

    最近のコメント